FC2ブログ
HOME   »  2013年03月
Archive | 2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月収支報告

おはようございます!
3月の収支報告です。

2013年3月収支

□東京金
13戦6勝7敗
+386,000円

□東京白金
14戦4勝10敗
-142,000円

□東京ガソリン
18戦11勝7敗
+168,400円

□東京ゴム
17戦7勝10敗
+175,300円

□東京とうもろこし
12戦5勝6敗1分け
-14,000円

私のシステムは、順張り8:逆張り2の割合です
1月2月は買い買い相場でしたので、順張りテクニカルが上手く噛み合いましたが、3月は保ち合いの迷い相場でしたので、数回往復ビンタを喰らっています。
それでも、負け越しでも利益は確保できている点は評価して良いと思います。結局はトータルで評価される世界ですからね。

さて、4月は更に波乱が予想されますね。
前向きに考えると、ようやくトレンドが出てきそうなので、テクニカル的にはやりやすいですが、ボラティリティが大きくなりそうな点が心配です。

一先ずは、皆様1ヶ月お疲れ様でした。
来月も更に気を引き締めて、この荒れ相場をやっつけましょうね!!

↓応援お願いします。
スポンサーサイト

3/29トレード結果

3月最終日のトレード結果です。
とても難しい月でした、総括と来週の見通しは追ってアップいたします。

□東京金
1敗
-74,000円

□東京ガソリン
1敗
-82,000円

□東京ゴム
1敗
-39,500円

□東京とうもろこし
1勝2敗
-24,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
13戦6勝7敗
+386,000円

□東京白金
14戦4勝10敗
-142,000円

□東京ガソリン
18戦11勝7敗
+168,400円

□東京ゴム
17戦7勝10敗
+175,300円

□東京とうもろこし
12戦5勝6敗1分け
-14,000円

↓応援お願いします。


バブルなのか、それとも…

おはようございます。

昨夜は株式市場でダウ工業株30種平均は反発。2日ぶりに史上最高値を更新しました。キプロスで銀行の営業が13日ぶりに無事再開。同国の金融システム不安が後退し、投資家心理の改善につながったようです。
その反面、為替は94円を数回割り込み、現在は中値に向けた買いが少し入り94円25銭ほどで推移しています。
株だけがひたすら下げず、その他のデリバティブは弱含み、中には暴落するものさえあります。

この環境をどう見るか?
株の動きは正直なところ解釈が難しいのですが、銀行が営業開始しただけで投資マインドが増加したというのは過大解釈だと個人的には思います。
為替、商品は軒並み安く、高いのは株だけです。
どちらかが間違っているのでしょうが、株の上がり方のほうがおかしい可能性を信じ、中立から売り方針を継続します。

海外貴金属は金・白金共に一目の雲を下抜けました。ここから陰線がもう1本、できれば大きめであれば保ち合い下放れと考えられます。
以前にも書きましたが、金は世の中がチャブついてくると安全資産面から資金が入りやすい傾向にあります。しかし、それを材料に買うのは素人営業に唆された素人客だけです。
ただ値ごろで買うのと大差ありません。ここの金も買いではなく中立、若しくは値段次第で売りです。

本日は私のテクニカルも変わってくるでしょうから、楽しみです。
さて、本日が今月最終営業日です。海外がお休みですから玉の整理が優先ですね。

本日も頑張ります。

3/28トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京金
1敗
-16,000円

□東京ゴム
1敗
-28,050円

□東京とうもろこし
1分け
±0円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
12戦6勝6敗
+460,000円

□東京白金
14戦4勝10敗
-142,000円

□東京ガソリン
17戦11勝6敗
+250,400円

□東京ゴム
16戦7勝9敗
+214,800円

□東京とうもろこし
9戦4勝4敗1分け
+10,500円

↓応援お願いします。


リスク回避のはずが…

おはようございます。

昨夜は来月4日の欧州中央銀行(ECB)理事会で利下げが実施されるとの見方も広がり、全般ユーロ売りが活発化。前日の安値1.2828ドルを下抜けて目先のストップロスを巻き込み、2012年11月21日以来の安値となる1.2750ドルまで急ピッチで下げました。
ダウ平均も一時120ドルを超える下げを見せましたが、その後買戻しもあり、下げ幅は限定的でした。
ヨーロッパはリスクしか無い様に感じますが、アメリカが強すぎてリスクがリスクと感じられないのが現状ですね。非常に気持ちの悪い相場です。

海外は明日がお休みなので、実質は今夜が月末週末、そして期末の最終営業日です。
ポジション整理なども通常でしたら警戒する必要がありますが、今のダウで大幅な下げは考えにくく、ヨーロッパで発火し一旦下げに転じた相場は買い場とみなされるでしょう。
私自身は非常に今の根拠の無い相場に疑問を抱いておりますので、恐らく買いでは参加しない方針です。

現在の見通しは
金:やや弱気
白金:弱気
ガソリン:やや強気(戻りの範疇)
ゴム:(戻りの範疇)
ドル円:(戻りの範疇)
ユーロドル:弱気

では、本日も頑張ります。

3/27トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京金
1敗
-2,000円

□東京白金
1敗
-78,500円

□東京ガソリン
1勝1敗
-88,000円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
11戦6勝5敗
+476,000円

□東京白金
14戦4勝10敗
-142,000円

□東京ガソリン
17戦11勝6敗
+250,400円

□東京ゴム
15戦7勝8敗
+242,850円

□東京とうもろこし
8戦4勝4敗
+10,500円

↓応援お願いします。


ダウ史上最高値更新

おはようございます。

まずは株、米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発。約2週間ぶりに史上最高値を更新しました。
2月米耐久財受注が予想を上回り、米景気改善を期待した買いが広がった。ボーイングやIBMなどの上昇が指数を押し上げました。
その後、その後、日経新聞が「日銀はデフレ脱却に向けて国債買い入れを拡大するため新たな購入目標を設ける」と報じたことが買いを誘うと、全般強含む展開となっています。

連日材料通りに相場が動かず、買いも売りもうまくいかない。更に保ち合いの可能性が高まっています。
逆張りに徹するのが無難であり、金ですと上値の抵抗が4880円~4890円、白金ですとこちらも4880円以上からが抵抗帯になりそうです。
期末の時点で一方方向に動くことはあまりありませんが、上昇している材料によっては一部利食いも考えながら、ポジションを決めます。

個人的にはゴムが一度反発するかもなぁ…と考えていますが、基本は戻り売り方針です。
ポジションの取りすぎには注意しつつ、本日も頑張ります。

3/26トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京金
1敗
-72,000円

□東京白金
1敗
-71,000円

□東京ガソリン
4勝
+139,500円

□東京ゴム
3勝1敗
+139,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
10戦6勝4敗
+478,000円

□東京白金
13戦4勝9敗
-63,500円

□東京ガソリン
15戦10勝5敗
+338,400円

□東京ゴム
15戦7勝8敗
+242,850円

□東京とうもろこし
8戦4勝4敗
+10,500円

↓応援お願いします。


続・キプロス

おはようございます。
市場はまだまだキプロス問題から目が離せませんね。

キプロス議会の金融委員会委員長が「ユーロ離脱の利益を評価しなければならない」との見解を示し、同国を巡る先行き不透明感が改めて高まったことが嫌気されました。
また、米格付け会社ムーディーズがイタリアの格付けを引き下げるとの噂が出回るなど、投資家が「リスク・オフ」の動きを強めダウ平均が100ドル超下落したことも重しとなりました。

徐々に調整局面入りしているように感じますが、この辺の値段ですと「バーゲンハント」的な買いも出てきます。ヨーロッパで少しのアクションが起ころうものなら直ぐに買戻しが入ります。この辺も売りと決めつけられない理由の1つです。

全体像は弱気維持、ただし突っ込みは売らない。今週は方針変わらずで考えています。
では、本日も頑張りましょう。

3/25トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京ガソリン
1勝
+59,000円

□東京ゴム
1敗
-16,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
9戦6勝3敗
+550,000円

□東京白金
12戦4勝8敗
+7,500円

□東京ガソリン
11戦6勝5敗
+198,900円

□東京ゴム
11戦4勝7敗
+103,350円

□東京とうもろこし
8戦4勝4敗
+10,500円

↓応援お願いします。


来週の見通しは

1週間お疲れ様でした。
今週はキプロスに振り回された週でしたね。

夜間帯に、キプロス政府報道官が「キプロスとトロイカの協議は最終段階にある」などと述べたことで、キプロス問題への解決策が示されるとの期待が高まり、投資家のリスク志向改善を意識した円売りが進みました。
マーケットニュースインターナショナル(MNI)が「キプロス議会委員会は銀行法の変更を要請したが、欧州中央銀行(ECB)は拒否している」と報じたことが嫌気されて買い戻される場面があったものの、ダウ平均株価が一時100ドル近く上げ幅を広げるなど堅調に推移したことで、円買いの勢いは限られました。
しかし、終わってみると円高水準のまま、商品市況も安いまま、なぜ株だけ切り返すのか…

気を取り直して、まずはNY貴金属
ドル建て金
ドル建てプラチナ
NY金にはヨーロッパ不安から逃避資金の流入があり、総じてしっかりの展開です。
しかし、ここに来て上値が重く、目先は転換線の1610ドル以上で終えるかに注目しています。
買いも売りも見込みは無く、中立姿勢です。

NY白金も同様です。
ただし、こちらは株との連動性が薄れていること、メインの産出国である南アフリカの通貨(ランド)が安く、そうなると当然割安で購入できるため上値が重いこと、これらを加味しますとやや売りに分があるように思います。


国内貴金属は
東京金
東京白金
円高の影響を受け、金は基準線を割り込み雲入り、遅行線も実体線を下回っています。
ベースとなる4時間足は売り転換していることを押さえておいて下さい。

白金も考え方は同様ですが、レンジの広い保ち合いの可能性は排除されていません。売り方針は継続中ですが、順張りで下げている道中に売っても跳ね返されるでしょう。引き付けて売りを考える時です。

さて、来週もキプロス発のニュースに一喜一憂する週になりそうです。
目先は上昇に転じる材料に乏しく、堅調なダウが調整入りするようなことがあれば、一気に下げ相場に転じます。
たかがキプロスと侮っている考えもありますが、ギリシャショックのようなケースもあります。ここは注意するに越したことはないですね。

最後に1つ。
ゴールドですが、先々は安全資産としての買いか、マルチ通貨としての買いが入ってくる可能性があります。
ただし、それを期待して買うのは間違いです。この話で買いを勧めてくるのも素人営業だけです。
『いずれくるかもしれない』だけでレバレッジ相場をやるのは大間違いです。現時点では買いも売りも全く判断がつきませんので、金に関しては何もやらないが正解です。

では、今週も頑張りましょう。

3/22トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京白金
2敗
-88,000円

ここ最近、白金の調子がよくありません。
あれだけあった利がほとんど剥げてしまいました…
悔しいです。

今月も残り僅かなので、再度気を引き締めます。

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
9戦6勝3敗
+550,000円

□東京白金
12戦4勝8敗
+7,500円

□東京ガソリン
10戦5勝5敗
+139,900円

□東京ゴム
10戦4勝6敗
+119,850円

□東京とうもろこし
8戦4勝4敗
+10,500円

↓応援お願いします。


崩れるか!?ダウ神話

おはようございます。

欧州中央銀行は21日、キプロスに対する緊急流動性支援の現行の水準を25日まで維持することを決定。欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の支援で合意できなければ、26日以降に同国の金融システムが崩壊する可能性が浮上したことも嫌気されました。

買い材料になるかと思われた黒田東彦日銀総裁就任記者会見では、「デフレ脱却に向けてやれることは何でもやっていく」「量的、質的の両面から大胆な金融緩和を進める」などと述べたほか、岩田規久男日銀副総裁や中曽宏日銀副総裁の発言も伝わりましたが、新味の内容に乏しいとしてさらに売られました。

これを受けてダウは
0322.jpg
もう1本陰線が欲しいところです。

黒田総裁の会見では円高、株安に進行することは考えにくい内容でしたが、実際はそうとう織り込んでおり、調整ムードが高まっています。
金のみ安全資産としての買いが散見されていますが、その他デリバティブは売り方針のままです。

では、本日も頑張ります。

3/21トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京白金
2敗
-88,000円

□東京ゴム
1勝
+110,500円

□東京とうもろこし
1勝
+29,000円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
9戦6勝3敗
+550,000円

□東京白金
10戦4勝6敗
+95,500円

□東京ガソリン
10戦5勝5敗
+139,900円

□東京ゴム
10戦4勝6敗
+119,850円

□東京とうもろこし
8戦4勝4敗
+10,500円

↓応援お願いします。


この堅調さは異常

おはようございます。

まずは連休中の材料から。
「キプロスのポピュラー銀行がロシアの投資家に40億ユーロで売却される」との報道が伝わると、キプロス金融支援の前提条件となる58億ユーロの歳入確保に近づくとして買いが先行しました。

FOMC声明では「月間450億ドルの長期国債を購入する」「月間400億ドルのMBS購入を継続する」「少なくとも失業率が6.5%を上回り、今後1-2年のインフレが2.5%を上回らないと予想される限り、FF金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に維持することを決めた」などと伝わり、前回とほぼ同様の内容となりました。
 バーナンキFRB議長は20日、定例記者会見で「経済が改善してもFOMCは緩和策を継続へ」「FRBは資産購入のペースを調整する可能性」などと語ったが、相場への影響は限定的でした。

上げも下げも見切り発車と考えていますが、それにしてもダウやドル円の堅調さは異常です。
ダウ平均株価
もう3月も終わりです。そうすると5月手前まで、あと1ヶ月は堅調に推移する可能性が出てきました。
商品市況も株が崩れない限りは本格的に調整入りは難しく、今の下げは良い押し目なのかもしれません。

では、本日も頑張ります。

3/19トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京金
1敗
-62,000円

□東京とうもろこし
1敗
-3,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
9戦6勝3敗
+550,000円

□東京白金
8戦4勝4敗
+183,500円

□東京ガソリン
10戦5勝5敗
+139,900円

□東京ゴム
9戦3勝6敗
+9,350円

□東京とうもろこし
7戦3勝4敗
-18,500円

↓応援お願いします。


キプロスショック

おはようございます。

昨日のキプロスショックは驚きました。預金に対し税金をかけることは禁じ手とされていますが、結果として取り付け騒ぎになっています。
時間経過と共に、税率の減少や、定額預金者に対しては非課税にするなど、情報が乱立していますね。
見切り発車の感は否めなく、再度ユーロ圏のリスクが増したように思います。

今回の件で重要なことは、キプロスがどうこうではありません。問題はユーロ加盟国がまずいとなると、主要国のスペイン、イタリア、フランス。この辺に飛び火することです。
今月中にギリシャも追加の融資を受けられるかが注目されていますが、トロイカが渋っていることからもユーロが売られやすい地合いです。
日本は明日祝日ですが、FOMC、日本銀行人事、イタリア議会と相場が止まっていても材料が多くあります。現在のユーロの環境を考えますと、下げに対しての警戒が必要です。


ここの所、あまりうまくいってませんが、切り替えて本日も頑張ります。

3/18トレード結果

本日のトレード結果です。


□東京金
2勝
+160,000円

□東京白金
1勝2敗
-58,500円

□東京ガソリン
1勝3敗
-84,500円

□東京ゴム
1勝
+32,500円

□東京とうもろこし
1勝1敗
+24,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
8戦6勝2敗
+612,000円

□東京白金
8戦4勝4敗
+183,500円

□東京ガソリン
10戦5勝5敗
+139,900円

□東京ゴム
9戦3勝6敗
+9,350円

□東京とうもろこし
6戦3勝3敗
-15,000円

↓応援お願いします。


来週の見通しは…

おはようございます。

今週はダウに振り回された1週間でした。
終値は前日比25ドル03セント安の14514ドル11セント。前日までに8日連続で史上最高値を更新し、高値警戒感が広がるなかで週末要因の利食い売りに押されました。それでもこの程度です。

少し前からお伝えしていますが、以前のように株が上昇しても為替や商品が上がらなくなってきています。
天井手前の典型的なパターンとして、株との連動性が無くなってきた時は要注意です。
株が調整局面に入った途端、強烈な下げが待っています。来週はFOMCも控えていますので、更に慎重な姿勢が望ましいですね。

さて、海外の貴金属は
ドル建て金
ドル建てプラチナ

金はしっかりと高値維持、但し1580ドル割れ以下からは再度売りが出てきそうな地合いです。結局は為替主体の保ち合いということです。
買うにしても円安以外の材料が見当たらず、中立姿勢でおります。
白金は金よりも数段弱く、方向感が見当たりません。こちらも金と同様に様子見が前提ですが、株や為替に陰りが出ていますので、金よりは弱気見通しです。

最後に国内貴金属は
東京金
東京白金

昨夜の円高を受け、金は4900円を割れ込んで終えるようですと再度売り転換します。
白金も基準線が抵抗になっており、5000円手前では叩かれる可能性が高いです。
何れも、保ち合いの領域を出ていませんが、上昇する材料にも乏しく、上値追いは危険との認識です。

3/20にFOMCを控え、同日黒田時期総裁の追加緩和前倒しがあるかも注目され、しかも国内は祝日です。2日分の外電も加わります。
3/21の木曜日はトリプルパンチのチャンスもピンチもあります。積極的にポジションを増やす週ではないことは明らかですね。

1週間お疲れ様でした。来週も頑張りましょう!

3/15トレード結果

1週間お疲れ様でした。
本日のトレード結果です。


□東京金
1勝
+52,000円

□東京ガソリン
1勝
+21,950円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
6戦4勝2敗
+452,000円

□東京白金
5戦3勝2敗
+242,000円

□東京ガソリン
6戦4勝2敗
+224,400円

□東京ゴム
8戦2勝6敗
-23,150円

□東京とうもろこし
4戦2勝2敗
-39,500円

↓応援お願いします。


青天井のダウ

おはようございます。

連日のダウ平均史上最高値更新です。押しらしい押しが一切無いまま青天井になっていますね。
ダウの上昇を眺め、何が材料なのかを連日考えていますが、全く分かりません。
分からないのは皆同じのようで、欧州時間に円安に進行した理由は、日銀は25日にも臨時会合を開いて緩和策を打ち出す可能性があるとの米著名リポートを蒸し返す形だけですし、為替も高値から1円の円高を夜間にやっています。

一方、強気になりきれない理由の1つは、やはりヨーロッパです。
先日ギリシャの失業率が26%台に悪化しました。今月中に30億ユーロの調達が必須ですが、失業率の悪化を受け、トロイカが難色を示しているようです。
後はイタリア、スペインですね。
円コールから円プットへのオプションの移動も気になりますし、相場自体が迷っている印象です。

まずは様子見。週末ですし、積極的なトレードは控えます。
では、本日も頑張ります。

3/14トレード結果

本日のトレード結果です。

ゴムがとうとうマイナスに転落してしまいましたが、まだまだこれから!
残り10営業日、頑張ります!

□東京ガソリン
1敗
-54,550円

□東京ゴム
1敗
-62,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
5戦3勝2敗
+400,000円

□東京白金
5戦3勝2敗
+242,000円

□東京ガソリン
5戦3勝2敗
+202,450円

□東京ゴム
8戦2勝6敗
-23,150円

□東京とうもろこし
4戦2勝2敗
-39,500円

↓応援お願いします。


材料が… 本当に無い

おはようございます。

さて、材料が乏しくなって暫く経ちますね。
そういえばローマ法王が決定したそうです。初の南米人の方のようですね。
この選挙も、当選者が出るまでは延々と繰り返すといったカオスな内容でして、その名も『コンクラーベ』だそうです。
まさに『根比べ』です。

余談はこの辺にして、本日はガソリンです。
0314.jpg
株価は連日の史上最高値を更新していますが、反応が鈍くなってきました。
目下、78200円を上値抵抗とし、下値トライ中です。
貴金属は為替が若干円高な分、海外が上昇していますが、それでも勢いが感じられなくなってきました。
株価に連動しなくなった時は要注意です。株もいつ崩れてもおかしくないようなチャートになっていますが、崩れだすと全銘柄も一気に下がります。

また、為替も追加緩和の前倒し等で3/20まで期待感で上昇する可能性もありましたが、暴落もしない代わりに上昇も一服しています。買い方針は継続中ですが、こちらも95円45銭以下は要注意です。

メタルは期待をこめて買い維持、他は売り勝負。ざっくり展望はこんな感じですかね。
さて、本日も頑張ります。

3/13トレード結果

本日のトレード結果です。

最近うまくいってませんが、切り替えて明日も頑張ります。
しかし、ゴムは難しいです…

□東京白金
1勝
+57,500円

□東京ゴム
2敗
-69,500円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
5戦3勝2敗
+400,000円

□東京白金
5戦3勝2敗
+242,000円

□東京ガソリン
4戦3勝1敗
+257,000円

□東京ゴム
7戦2勝5敗
+39,350円

□東京とうもろこし
4戦2勝2敗
-39,500円

↓応援お願いします。


材料難との解釈

おはようございます。

まずはドル円。
早朝に飛び込んできた追加緩和前倒しのニュースにより、一段の円安に進行しましたが、その後は円高に進行し続ける1日でした。
夜間帯で急激に切り返す局面も見られましたが、行って来いの展開に方向感が定まりません。
2日連続で経済指標にこれといったものが無く、材料にされたのが「民主党が副総裁人事に対し、岩田氏を承認しない方針」との報道がなされてからですからね。
さすが売国党、空気が読めていません。

普通に考えれば、2人の副総裁のうち、1人がイチャモン付けられただけで1円の円高に進行する材料ではありませんね。岩田氏が外れたというなら分かりますが。
兎にも角にも、材料が無く、出てきたニュースに便乗しているだけです。概ね大勢は変化無しとの見方を維持します。

ただし、チャートはあまり良くないです。特に国内市場です。
NYダウが連日の高値更新でも反応が薄くなってきていますし、株が下がりだすと一斉に投げが入ります。株が暴落するまでは押し目買い方針ですが、本日はもう一段の安値も睨みつつ、突込みがあれば買い方針です。

では、本日も頑張ります。

3/12トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京ガソリン
1勝
+139,500円

□東京ゴム
1勝1敗
-2,550円

□東京とうもろこし
1敗
-62,000円円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
5戦3勝2敗
+400,000円

□東京白金
4戦2勝2敗
+184,500円

□東京ガソリン
4戦3勝1敗
+257,000円

□東京ゴム
5戦2勝3敗
+108,850円

□東京とうもろこし
4戦2勝2敗
-39,500円

↓応援お願いします。


日経のスッパ抜きは珍しい

おはようございます。

早朝に入ってきた材料ですが、黒田時期日銀総裁が来月の金融政策決定会合を待たず、就任直後から追加緩和を前倒しで実施する可能性を示唆したとの報道が日経より出ました。
これにより、為替は96円60銭後半まで進行し、再度高値を更新しました。
日経が先行することは珍しいんですけどね、サプライズでした。

大勢は買いのまま、ただ先日は少し押す場面もあるかと考えておりましたが、しっかりとプラスで終えています。1日時間調整を行ったことにより、買われすぎ感は若干緩みました。
黒田氏が金融緩和の前倒しを否定することはないでしょう。となると、来週までは期待感等々でしばらく高い基調が続くものと考えられます。

買うなら早い段階で仕掛けるべきです。現在の買いポジに追加し、ここは勝負ですね。
今朝は時間が無いのでこのへんで。本日も頑張りましょう!

3/11トレード結果

本日のトレード結果です。
今日はダメダメでした…

□東京金
1敗
-76,000円

□東京白金
2敗
-202,000円

□東京ガソリン
1敗
-192,000円

□東京とうもろこし
1勝1敗
+18,000円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
5戦3勝2敗
+400,000円

□東京白金
4戦2勝2敗
+184,500円

□東京ガソリン
3戦2勝1敗
+117,500円

□東京ゴム
3戦1勝2敗
+111,400円

□東京とうもろこし
3戦2勝1敗
+22,500円

↓応援お願いします。


来週の見通しは

おはようございます。

まずは米雇用統計です。23万人以上の増加に加え、失業率も7.7%へ改善したことから、ドル円相場は一時96円50銭台まで上昇しました。
ダウ平均も連日の史上最高値を更新し、全面高の展開です。
格付け会社のフィッチがイタリアを格下げしたことはサプライズとなり、ドル円も高値から1円の円高調整局面がありましたが、結果としては良い押し目になっているようです。

ドル円は
米ドル/円
96円ステイは直ぐには難しいでしょうが、98円までの抵抗が見当たりませんので、強気方針継続です。
幻の94円70銭から、わずか8営業日での行ってこい。高値更新です。
アナリストやコメンテーターが軒並み外しに外している中、誰も100円到達の予想を出していません。
1週間前に95円に到達することを言っておれば馬鹿扱いされてましたが、今では96円です。月内100円乗せももしかするとあるかもしれませんね。

海外貴金属は
ドル建て金
ドル建てプラチナ
イタリアの格下げ報道で急落した金ですが、引けにかけては20ドル以上の戻り。結果として保ち合いをキープしています。
ボリンジャーバンドも徐々に縮小していますので、そろそろ放れる頃でしょう。上にも下にも可能性が残りますので、まだ判断は難しいです。
個人的には、あの急落から戻る相場が弱い相場とは思えませんので、上昇に期待しています。ただし雲の1585ドル以上で終わるようであればの条件付です。

白金はドル高の影響もあり、トレンド形成中、買い方針継続中です。
今の値位置でも時間経過後に雲を上抜けますので、弱気をする理由は無いですね。買い買いです。

最後に国内貴金属は
東京金
東京白金
金は円安のみが材料です。良く言えば海外が上がりだせば国内も延びしろが十分にありますが、ユーロドルが弱い週になりそうな局面ではスポットに過度な期待はできません。
5000円超えは直ぐには難しく、4900円台は注意局面と考えます。

白金は3役好転中、株高の恩恵を受ける週になるでしょう。
海外も1600ドルを挟んだにらみ合いになりそうですが、下げは惜しめと考え買い方針継続です。
ただし、3/11(月)に5050円以上を付けるようであれば瞬間買われすぎと判断しますが、急落も無いでしょう。
日足レベルで陽転して1手目です。初手段階では迷う必要はありません。

さて、来週はひん曲がっているアナリスト達がどういう言い訳をしてくるか、楽しみな週です。
相場格言で『曲がり屋に向かえ』という格言があります。あながち間違いではないのですが、『当たり屋に付け』のほうがより正確です。
今の環境を予測していたアナリスト連中は少ないです。机上の弁論ではリアルな相場は分からないのでしょう。
逆に、日々切った張ったの相場を肌で感じているディーラーなど「相場屋」には多く見られます。私は今回のドル円を読みきれませんでしたので、本当に助けられました。

相場屋連中曰く、誰も100円と言っていない内はドル円は天井を打たないそうです。逆にアナリスト曰く、そろそろ限界だそうです。
相場屋連中が見切るまで、為替と株は弱く考える必要は無いと思いますが、怖いのはロングを損切りしたファンドが買いなおしをしていることです。逆に予想外の値段まで跳ねると、その後の修正がリスキーなものになります。来週は上値リスクに注意の週になりそうです。

最後に、日々トレード結果を更新していますが、私独自のテクニカル手法によるものです。
手数料はネットで一般的な
金で往復1000円
白金で往復1000円
ガソリンで往復1000円
ゴムで往復1000円
コーンで往復1000円
で計算しています。

無料ツールはHPで公開していますので、ご希望の方はコメント下さい。

激動の1週間でした、お疲れ様です。
来週も頑張りましょう。

3/8トレード結果

本日のトレード結果です。

□東京金
2戦1勝1敗
+101,000円

--------------------------
2013年3月収支

□東京金
4戦3勝1敗
+476,000円

□東京白金
2戦2勝0敗
+386,500円

□東京ガソリン
2戦2勝0敗
+309,500円

□東京ゴム
3戦1勝2敗
+111,400円

□東京とうもろこし
1戦1勝0敗
+4,500円

↓応援お願いします。


最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
テクニカル分析
私のテクニカルツールです。
閲覧希望の方は、当サイトより会員登録(無料)を行ってください。

http://commoditystyle.web.fc2
.com/index.html
最新トラックバック
月別アーカイブ
※注意事項(必ずお読みください)
当ブログは投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的としております。 掲載内容は管理人の相場観を元に作成されており、その正確性・完璧性を保障するものではありません。 商品先物取引やFX取引は元本や利益が保証されるものではなく、価格の変動により、場合によっては証拠金の額を上回る損失が生じることもあります。 お取引の際は事前にリスク・仕組みを十分ご理解の上、ご自身の判断と責任で行なって頂けますようお願い申し上げます。
株価&為替ボード
お勧め教材
FXで勝ちたいなら、必須アイテムです。 秘伝チャートは株や商品相場にも利用できます。
お勧めFX業者
スプレッドキャンペーン実施中! ドル円0.2銭!

キャッシュバックキャンペーン実施中!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。