FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  多くの『Why?』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くの『Why?』

おはようございます。

まずはバーナンキ議長の発言から。
「米金融政策は、回復への重要な支援を提供する一方で、インフレ率を2%目標付近に維持する」
「緩和政策の潜在的なリスクを注視している」
「金融当局は金融引き締めに転じる道具を持っている」

まだまだありますが、特にキーになるものをピックアップ。

単純に解釈すると、「インフレに対するリスクを警戒する時期にさしかかっており、金融引き締めも視野に入っているが、新政策は無しで現状の政策を維持する」という内容のようです。

ここで先ず分からないことが出てきます。
量的緩和の後退とも取れる発言を行ったにも関わらず、なぜ商品市況が急騰するのか?
出た瞬間からしばらくは外電が安くリスク回避ムードになり、ダウもマイナス圏に入りそうな勢いだったが、終わってみれば為替も1円以上の円安、商品も全面高、どうもこれが理解できません。

ドル高は理解可能。問題は量的緩和の恩恵を受け続けたメタル。
安全資産の金買いに白金も連れ高か?しかしヨーロッパ不安からリスク回避の流れが終日続いており、ダウだけは別の世界のもののような印象まで受けます。

材料は売り材料。しかしチャートは上昇中。
多くの『Why』により、相場の真意が読み取れません。

全くウマの合わない人と一緒にいるような気分です。読めない相場ほど危険なものもありませんので、今月は手を控えるつもりです。

現在の解釈も私の独断によるものなので、違う見方をお持ちの方がいらっしゃいましたら聞かせて下さい。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
テクニカル分析
私のテクニカルツールです。
閲覧希望の方は、当サイトより会員登録(無料)を行ってください。

http://commoditystyle.web.fc2
.com/index.html
最新トラックバック
月別アーカイブ
※注意事項(必ずお読みください)
当ブログは投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的としております。 掲載内容は管理人の相場観を元に作成されており、その正確性・完璧性を保障するものではありません。 商品先物取引やFX取引は元本や利益が保証されるものではなく、価格の変動により、場合によっては証拠金の額を上回る損失が生じることもあります。 お取引の際は事前にリスク・仕組みを十分ご理解の上、ご自身の判断と責任で行なって頂けますようお願い申し上げます。
株価&為替ボード
お勧め教材
FXで勝ちたいなら、必須アイテムです。 秘伝チャートは株や商品相場にも利用できます。
お勧めFX業者
スプレッドキャンペーン実施中! ドル円0.2銭!

キャッシュバックキャンペーン実施中!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。